書誌情報

気候パニック

イヴ・ルノワール[著]/神尾賢二[訳]
四六判上製/420頁/3000円
ISBN978-4-8461-0602-0 C0036

[原著]〓〓

 熱暑、大旱魃、大嵐、大寒波――最近の「異常気象」は人々を不安に陥れる。これらの原因は、地球温暖化による気候変動とされ、それに伴う対策が世界的に展開されている。だが、二酸化炭素などの温暖化物質による温室効果=地球温暖化論に対する疑問も出され始めている。
 本書は、温室効果と地球温暖化の関係を詳細に分析し、数々の問題点を科学的に検証する。そして気候現象は、大気、海洋、太陽エネルギー、地球の自転などが複雑に絡み合って生まれることを指摘し、「極地移動性高気圧」など様々な要因から、異常気象を解説する。また、「気候クラート」と呼ばれる一部の科学者が政治、企業、エコロジストを巻き込み、気候ビジネスが隆盛していることも、痛烈に批判する。フランスにおいて、出版時から賛否の議論を巻き起こした話題の書! (2006.3)


■目次
 はじめに
 警鐘
 訳者概説 神尾賢二
 序文 ロジェ・カン
 解説
 線条細工と舞台背景

第Ⅰ部 地球とその気候
 第1章 天候と気候
 第2章 温室効果による砂漠化
 第3章 温室効果の外皮を見る
 第4章 水上スキーをするモデル、狂ったモデリング
 第5章 塵と大気の化学
 第6章 氷の貯蔵庫はどこに存在するか?
 第7章 海洋のオーケストラ
 第8章 空気のように自由自在 風がたどる道
 第9章 AMP(極地移動性高気圧)モデル
 第10章 嵐は天から降ってはこない
 第11章 宇宙的要因 銀河系磁場と放射線

第Ⅱ部 密接な関係にあるが把握しがたい諸変化
 第1章 そぐわないモデル
 第2章 なんとなんと、北極が冷えている!
 第3章 役に立つ摂動
 第4章 ダナオスの篩い
 第5章 エルニーニョは神か?
 第6章 それでも温室効果は存在するか?

第Ⅲ部 気候変化の配当
 第1章 トロイの木馬
 第2章 科学主義と政治:活動するエコロジー主義
 第3章 大きい者はいつも最強である

エピローグ
 限界を超えて:歴史は訥弁である

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。