書誌情報

プロブレムQ&A─問い直す差別の歴史[ヨーロッパ・朝鮮賤民の世界]

小松克己[著]
A5判変並製/200頁/1700円
ISBN4-8461-0516-4 C0336

 中世ヨーロッパでは、職業による差別があり、看守・森番・皮剥ぎ・家畜去勢人・楽師・遍歴芸人が差別 の対象とされ、また、非キリスト教のユダヤ人・ロマ民族などが賤視されていた。また、朝鮮でも、「白丁」と呼ばれる人々が、日本の「部落民」同様に差別 を受け、賤視されていた。だが、近代化の過程で、人権意識がめばえると、人間の尊厳と解放を求め、様々な運動もまた展開されてきた。
 本書は、人権感覚を問いつつ「洋の東西を問わず、歴史のなかの賤民(被差別 民)は、どういう存在であったか」を追い求め、差別とは何かを考えてみた。(2005.10)


■内容構成
[Qの例]
Ⅰ 人権概念と人権感覚
Ⅱ ヨーロッパ賤民の世界
Ⅲ 朝鮮賤民の世界

[Qの例]
人権という概念はどのようにして生まれたのですか?
今の社会にある差別をどのようにみたらよいのですか?
「六曜」などの迷信と部落差別はどのようにかかわるのですか?
西ヨーロッパの社会では被差別民はいなかったのですか?
中世社会ではなぜ、特定の職種の人々が賤視されたのですか?
古代の朝鮮ではどんな身分がつくられたのですか?
朝鮮時代には「白丁」とともに、どんな賤民がいたのですか?

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。