●現代世界を読む


フランサフリック ―アフリカを食いものにするフランス―

フランソワ=グザヴィエ・ヴェルシャヴ著/大野英士、高橋武智訳 

四六判上製 544頁 3200円
ISBN4-8461-0211-4 C0031 TRC MARK ナンバー;
数十万にのぼるルワンダ虐殺の影にフランスが……。ジスカール・デスタンからミッテラン、シラクの歴代大統領まで続く、フランスの巨大なアフリカ利権とスキャンダルを暴き、欧米を騒然とさせた問題の書、遂に邦訳。(2003.3)

目次

第1部 想像を絶する事態へと押し流されて
1砂漠の警告
2不名誉の領域
3非人間性への反対
4アフリカの盟友よ、互いに助けあおう
5「われわれの鼻先にぶら下がった残虐行為」

第2部 フランサフリックの犯した犯罪の数々
1バミレケ族の国での虐殺
2独立心の旺盛すぎたオリンピオ
3代父フェリックスと後継者アルベール
4石油=人道主義の臭うビアフラ
5強情きわまりないボノ博士
6サンカラ、ウフエと対極の人物
7ドゥルシには死んでもらわなければならない
8わが仕立屋は金持ち
9親モブツ派のごたまぜ
10より抜きの傭兵軍団

第3部 破滅に瀕するフォカルティスム
1ひとつのシステムの解体
2組織網の抵抗
3傭兵養成所

結 論 脱フォカール化は可能か

付録1きわめて恵まれない地域の飢餓を阻止し、発展に資するための闘いへのフランスの貢献に関する法案
付録2フランス=アフリカ関係の信頼を構築しなおすための諸提案 略称表
訳者解題――――――大野英士

【緑風出版 HomePage へ】