●戦争とは、平和とは


加害の精神構造と戦後責任 第2巻
日本軍性奴隷制を裁く――2000年女性国際戦犯法廷の記録  

池田恵理子・大越愛子責任編集、VAWW-NET Japan編
四六判上製 314 2800円
ISBN4-8461-0010-3 C0030 TRC MARK ナンバー;
戦争という異常な状況の中で、兵士達はなぜ、あのような残虐行為に走ってしまうのか? 第1巻(戦犯裁判と性暴力)に続く、加害者の倫理と戦後責任を問う。

(2000.7)
[内容構成]
第泄煤@軍隊と加害の精神構造
第1章 天皇の軍隊の特色――虐殺と性暴力の原因
第2章 男性神話からみた兵士の精神構造
第3章 なぜ軍隊は「従軍慰安婦」問題を無視したのか
第4章 旧日本軍兵士の加害意識――慰安所体験・強姦体験の聞き取り調査から
第5章 旧日本軍兵士の性行動――現代にも引き継がれる売春意識

第部 天皇制と戦争責任
第6章 日本軍政奴隷制問題と天皇の戦争責任
第7章 仏教が支えた加害の責任
第8章 昭和天皇と戦争関与と(戦争責任)

第。部 民族・ジェンダーの視点から問う戦後責任
第9章 「日本人としての責任」再考――考え抜かれた意図的怠慢
第10章 戦後日本のフェミニズムと「慰安婦」問題
第11章 戦争論・戦争責任論とジェンダー

【緑風出版 HomePage へ】